店舗の内装・デザインなら奥田建築工房奥田建築工房

業態にマッチする店舗内装で着実な集客を図ろう

内装工事会社
新しく店舗をオープンする方にとって、内装は集客に関わる大きな要素です。
内装工事会社によって、店舗内装の仕上がり方は違ってきますし、自分のイメージ通りの内装をつくりあげるためにも、内装工事会社の種類と特徴を知り、適切な会社を選ぶことが必要です。
もし、内装工事会社を選びに失敗すると、工事費には多額な費用がかかりますので、思わぬ代償を負うこともあります。
適切な会社選び
内装工事では、まずデザインによって店舗のイメージを落とし込みます。
発注者のイメージを具現化するために、設計士が手書きやCGなどの手段によって表すのは、イメージを実現するために設計図を描き、現実世界に落とし込んでいくための過程の段階になります。
工事は、その図を現実世界に変換する工事になります。
工事にもタイプがあり、それぞれ性質があります。
内装工事のみを専門に行う会社は現場に強く、デザインには弱い特徴があります。
現場での細い作業などには優れていますが、イメージ止まりの段階でこのようなタイプの会社に依頼するのは避けましょう。
デザインを専門に行うデザイン会社や設計事務所には、工事を依頼することができないので、作成してもらった図面を持って、工事する会社を選定する必要があります。
また、内装デザインにかかる設計料は、建築工事全体で見ても工事金額に対するパーセンテージが高くなります。
内装デザインでどうしてもこだわりたいところがあるとか、資金に余裕がある場合は良いですが、内装費用を抑えたいのであれば、デザイン会社は避けましょう。
工事とデザインを一貫して行う内装工事会社は、デザインから工事完了まで短期間で済むというメリットがあります。
また、費用面でのメリットも多く、現場でのコストダウン方法をデザインの段階で反映させることができ、デザイン料を省くことができます。
内装は建築知識が必要なので、会社選びはなかなか難しいかもしれませんが、自分のイメージ通りに仕上がるよう、内装工事会社はきちんと見分けて依頼しましょう。
コラム一覧