店舗工事・内装デザインなら大阪の【奥田建築工房】奥田建築工房

店舗デザインに欠かせないVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは

VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは
店舗の内装工事にムダが費用をかけさせない業者を選ぶアパレル業界では、VMDという言葉をよく耳にすることがあります。
VMDとは、ビジュアル・マーチャンダイジングのことをいい、視覚に訴えながら、お客様の購買意欲をアップさせて、ディスプレイによるマーケティング手法の一つです。
VMDを日本語の場合にすると、視覚的販売戦略といいます。
VMDは、アパレル業界では欠かすことができないマーケティング手法であり、店舗デザインです。
VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)の要素は三つ挙げられます。
一つ目は、VPといわれるビジュアル・プレゼンテーションです。
店舗のコンセプトや、ブランドイメージを演出し、お客様に印象付けを行います。
ショーウィンドウのディスプレイがVPに当たり、お客様がその店舗に立ち寄るか、通り過ぎるかを判断するため、とても重要となります。
二つ目は、PPといわれるポイント・プレゼンテーションです。
売りたい商品、目立たせたい商品のディスプレイ、棚の上や柱周り、マネキンが該当します。
VPの効果によって、入店してくれたお客様の回遊性を高め、滞在時間を長くします。
三つ目は、IPといわれるアイテム・プレゼンテーションです。
IPは、魅せるディスプレイをすることで、購入率を高めます。
これらにより、見やすく、買いやすい店舗の売り場をつくるのです。
VMDとディスプレイの違い
店舗の業種専門の内装業者を選ぶVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)は売り上、利益を上げるシステムのことです。
ディスプレイは、棚だし、陳列、演出までを実行することを指すため、VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)とは、意味が異なります。
アパレル業界では、ディスプレイの内容がVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)で左右されます。
店舗のコンセプト、ブランドイメージを表現し、売り上げに繋がる商品配置や、店舗内装を考える必要があります。
アパレル業界において売り上げ、利益をアップさせるためには、VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)を店舗デザインに取り入れるといいでしょう。


コラム一覧