店舗の内装・デザインなら奥田建築工房奥田建築工房

集客しやすい店舗レイアウトの特徴とは?

店舗の内装で集客に繋げる
店舗の内装工事にムダが費用をかけさせない業者を選ぶ店舗内装は、お客様が思わず入りたくなるようなデザインにすることが重要です。
おしゃれに、綺麗に見える店舗内装でも、売り上げや利益に繋げなければ、意味がありません。
多くのお客様は、看板や外観、入り口の商品、メニュー、店舗内の様子を見て、入店するかどうかを決める傾向にあります。
店舗内の様子がわかりにくい場合、何を売っているにか、いくらで買えるのかがわからないため、入店しにくく、集客できません。
集客できなければ、売り上げや利益に繋がらないため、外からでもわかりやすい、入店しやすい店舗内装にすることが重要です。
集客に繋がる店舗内装には、二つのポイントがあります。
これから店舗の内装デザインをどんなものにしようか考えている人は、集客に繋がる内装にしましょう。
集客に繋げる店舗内装のポイント
店舗の業種専門の内装業者を選ぶ店舗デザインを考えるとき、平面計画が重要となります。
集客に繋げる店舗内装のポイントは、店舗のコンセプトや、ブランドイメージをつくることです。
店舗全体のイメージや、雰囲気づくりに大きく関係する店舗デザインは、楽しく快適に過ごしてもらうためにはとても重要です。
また、店舗の品揃えをお客様の目に入るようにすることも重要です。
お客様に、店舗の隅々まで見てもらうための配置や、仕掛けづくりができているかがポイントになります。
二つ目のポイントは、動線です。
お客様と従業員の動線の取り方一つで、生産性が変わります。
なるべくお客様と従業員が交差せず、無駄な動作がない動線の取り方をしましょう。
お客様と、従業員がよく交差する店舗内を外から見ると、狭い、快適に過ごせないなどのマイナスイメージに繋がってしまいます。
サービス動線を短くし、無駄な動きがない効率的な動線を取る必要があります。
ポイントをおさえた店舗内装は入店しやすく、見やすく、買いやすくなるため、集客効果があり、売り上げや利益に繋がるでしょう。


コラム一覧