店舗工事・内装デザインなら大阪の【奥田建築工房】奥田建築工房

ブランディングを意識した店舗内装

ブランディングのコンセプトに合ったデザイン
ブランディングのコンセプトに合ったデザイン 店舗内装を考える上で大切なのはブランディングです。
ブランディングとは、消費者に同じカテゴリー内において、ブランド間の差を認知してもらうことで、差別化されたブランド価値を結びつける連想を、消費者のイメージに浸透させることです。
店舗内装を行う際は、おしゃれさや、こだわりを持つことも大切ですが、コンセプトを決めることが大切です。
ブランディングからコンセプトを考えましょう。
例えば、誰でも気軽に入ることができる、というコンセプトを決めた場合、温かみを感じることができる自然素材を使ったデザインにするなど、ブランディングのコンセプトにデザインを合わせることがポイントです。
ブランディングのコンセプトと、店舗内装のデザインが異なると、新規顧客を誘導できたとしても、リピーターに繋げることは困難です。
店舗を経営する上で、長期的な利益を得続けることは非常に重要であるため、リピーターの確保に繋がる、ブランディングのコンセプトに合ったデザインを、店舗内装に取り入れましょう。
リピーターに繋がる店舗内装を取り入れよう
リピーターに繋がる店舗内装を取り入れよう リピーターに繋げるために、利用時間や滞在時間も大切なポイントとなるため、お客様の心を掴み、快適感のある空間づくりを行いましょう。
快適性がある店舗内装は、リピーターに繋がることが期待できます。
近年、商品間の機能や性能の差は差別化が難しくなっていますが、ブランディング次第で店舗の経営状況は異なります。
ターゲットを明確に、ブランディングに繋がるようなデザインを店舗内装に取り入れましょう。
商品やサービスの質が良くても、新規顧客を獲得できない、リピーターが増えないなどの問題がある場合は店舗内装を見直してみてはいかがでしょうか。
様々なポイントを取り入れることで、新規顧客の獲得率や、売り上げの向上に繋がっていきます。
奥田建築工房では、多種多用に対応しており、それぞれの店舗に合ったブランディングのコンセプトにデザインを合わせることができます。
コラム一覧