店舗の内装・デザインなら奥田建築工房奥田建築工房

ターゲット層に合わせた店舗内装で顧客をつくる

店舗内装はターゲット層に合ったデザインにしよう
店舗内装はターゲット層に合ったデザインにしよう 店舗を運営するためには、ニーズに合ったものを提供しなければなりません。
ニーズに応えるためには、ターゲットを明確にすることが大切です。
また、ニーズに合った商品やサービスを提供するだけでなく、店舗の内装デザインも重要です。
ターゲット層に合った店舗内装で、新規顧客の獲得や、リピーターを増やしましょう。
コンセプトに一貫性がない店舗は成功しないと言われています。
コンセプトをしっかり決めていないまま、開業すると経営が長く続かず、閉店してしまうことも少なくありません。
そのため、店舗を運営する際には、ターゲット層を明確にし、ターゲットに合ったコンセプトを決め、コンセプトに合った店舗内装にする必要があります。
土地ごとにターゲット層が異なる
土地ごとにターゲット層が異なる ターゲット層を決める際には、店舗をどこに出すかがポイントになります。
例えば、住宅街で出店する場合は、比較的、日中に時間に余裕がある主婦層がターゲットになるでしょう。
主婦層に気に入ってもらうことができれば、土日に家族で訪れる機会があり、リピーターに繋がる可能性があます。
店舗内装は、女性が一人でも快適に過ごせる空間や、子供にも居心地が良いと感じる空間づくりが大切です。
繁華街に出店する場合は、様々な特徴を持った人で賑わっているため、自由にターゲット層を決めることができるでしょう。
しかし、明確にターゲットを決定しなければ、店舗内装デザインのコンセプトにブレが出てしまうため、注意が必要です。
昼と夜でターゲット層が異なる場合も考慮して、店舗内装を考えましょう。
オフィス街の場合は、ターゲット層はビジネスマンやOLです。
この場合も、昼と夜でターゲット層が異なるため、どの時間帯でも違和感がない店舗内装にする工夫にしましょう。
土地はそれぞれ性質が異なり、街の雰囲気によってターゲット層が異なります。
そのため、ターゲット層に合わせて店舗内装を行っていく必要があるでしょう。
コラム一覧