店舗工事・内装デザインなら大阪の【奥田建築工房】奥田建築工房

滞在時間を長くする店舗デザインについて

店舗デザインを工夫して滞在時間を長くする
店舗デザインを工夫して滞在時間を長くする 回転率を求めるお店は例外ですが、店舗にとってお客様の滞在時間は長いに越したことはないでしょう。
せっかく入店しても、すぐに退店してしまうのでは売上につながりません。
利用客が少しでも長く店舗内にとどまることで、お店で使う金額はどんどん増えていきます。
しかし、滞在時間を意図的に長くすることは難しいと言われており、四苦八苦している店舗も珍しくありません。
ただ店舗デザイン次第では、滞在時間を長くコントロールすることもでき、結果的にビジネスチャンスの拡大につながるでしょう。
業種によって、利用客に理想とされる店舗デザインは異なり、絶対的に挙げられる共通点には居心地の良さがあります。
居心地が悪い店舗デザインでは、魅力的な商品を取り扱っていても、長居してもらいにくいです。
また、注意すべきはどのような性別、世代の人がターゲットになるのかを把握することです。
ターゲットユーザーさえわかれば、それに応じた店舗デザインが行うことができ、居心地を確保しながら、店舗で提供している商品にも興味を持ってもらえるようなスタイルを作り上げることが必要になります。
滞在時間と店舗デザインの関係性は深い
滞在時間と店舗デザインの関係性は深い 店舗内での滞在時間を長くするためには、利用客の動線を意識したデザインも重要です。
関連するアイテムは近くに置く、どこに何があるのかを分かりやすくするといった工夫も必要になり、動線を意識した店舗デザインは滞在時間を長くするだけではなく、売上アップにもつながります。
デザインにこだわりすぎるあまり店舗内に統一感がなく、店舗で取り扱っている商品にそぐわない内装になることもあります。
それではターゲットユーザーを満足させることはできないため、利用客目線で機能性も考慮した店舗デザインを考えることが滞在時間につながるでしょう。
居心地を大事にしつつ、購買意欲がわくような店舗デザインが理想です。
コラム一覧