店舗工事・内装デザインなら大阪の【奥田建築工房】奥田建築工房

飲食店での店舗工事の注意点

飲食店の店舗工事をする時に気をつけるべき部分
飲食店の店舗工事をする時に気をつけるべき部分
新規開業時やリニューアルオープンに向けて飲食店の内部を工事することがありますが、注意点がいくつかあります。
飲食店は他の業種と異なり調理環境の整備や厨房機器の導入の必要があり、自らのお店に最も適した店舗工事を行うことが大切でしょう。
飲食店に不可欠なキッチンにも様々な種類があり、ウェットキッチンとドライキッチンは大きな違いとなります。
例えば、ラーメン屋などであれば、湯切りをする際に床へゆで汁などがこぼれてしまうため、水で床を流して掃除しやすいウェットキッチンが望ましくなります。
それに比べて和食店や寿司屋は、ドライキッチンを導入しているところが多く、どちらの導入を店舗工事によって行うかが注意点となるでしょう。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、それらを把握した上で、店舗工事を行ってください。
床だけでなく、排水や排煙を考慮した店舗工事も重要で、これにより実際に稼働した際の業務効率がかなり異なってきます。
従業員だけでなく、結果的に利用客の満足度にもつながるため、飲食店での店舗工事においては利用客の居心地の良さや利便性も考慮しましょう。
店舗工事の際に飲食店だからこそ注意すべき点
店舗工事の際に飲食店だからこそ注意すべき点
店舗工事のクオリティ次第で、動線の確保のしやすさや見栄えの良さ、居心地の良さが違ってきます。
飲食店における店舗工事は、注文から提供までの時間の長さにもかかわってくるため、満足度に直結してきます。
特にキッチン部分と客席部分に注意をしてください。
まず、キッチンは衛生状況を保ちやすい工夫がされているかどうかに注意し、また、注文に対して素早く動くことができ、適切な動線が確保されているかに気を付けます。
そして客席側に関しては、キッチン側の喧騒を感じさせない工夫がされているか、提供する料理に合ったデザインかどうかも注意点です。
飲食店での店舗工事の注意点を理解しておくことで、より良い出来栄えになるでしょう。
コラム一覧