店舗の内装・デザインなら奥田建築工房奥田建築工房

魅力ある店舗の内装デザイン・工事とは

店舗の新規出店や、改装してのリニューアルオープンはオーナーにとって心躍る出来事です。
しかし経営面から見れば、店舗の内装デザインは集客力や稼働率を高めるという大きな目的を果たすものでなくてはなりません。
店舗コンセプトを体現する内装デザインは、ターゲット層とのインターフェースを強固なものにするだけでなく、立地などさまざまな環境条件と相まって予想以上の相乗効果を生み出します。
「入店したくなる」外観と、「ずっと居たくなる」居心地を創る内装の工夫にこだわることで、リピート来店を含めた集客性の向上はもっと容易になるでしょう。
業種を問わず、顧客目線に意識を向けることは、あらゆる店舗設計および店舗デザインの基本です。
双方のこだわりを高い技術力で結び合わせる当工房の店舗づくりへの情熱は、開業後の経営を力強くサポートします。

新しく店舗をオープンする方にとって、内装は集客に関わる大きな要素です。自分のイメージ通りの内装をつくりあげるためにも、内装工事会社の特徴を知り、適切な会社を選ぶことが必要です。

店舗の内装デザインを考えるとき、綺麗、おしゃれなデザインに加え、他店とは違うオリジナリティが込められたデザインを考えるはず。こだわりを持ちながらも費用対効果を考えることが重要です。

これから新しくお店を開く方、内装工事の計画はしっかり立てていますか?今回は内装工事の流れとポイントをご紹介します。内装工事は、発注者と業者が協力し合う必要があります。

内装デザインの根底にあるのはコンセプト。コンセプトは店舗が顧客に提供する価値を一言で表現したもので、内装デザインだけに関わっているものではなく今後の店舗を運営していく軸となります。

業種により年代や性別などターゲットが異なり、提供する商品やサービスも違います。お客様に快適な空間を提供するためにも、店舗デザインは重要です。コンセプトに合ったレイアウトが重要です。

飲食店の店舗デザインを考える際にコンセプトを決め、オリジナリティのある店舗デザインにしたいはずですが、デザイン性ばかりこだわってしまうと、設備の配置や動線の配慮が欠けてしまいます。

良い商品やサービスを用意しても、店舗デザインとターゲットとなる客層のマッチングが上手くできていないと効果的な集客は期待できません。集客のマッチングが成功すれば売上増も期待できます。

店舗のコンセプトをデザインに反映させることで、コンセプトに賛同する顧客の動員が見込まれて売上も増加します。コンセプトを活かした店舗デザインはデザイナーに任せると期待大です。

成功する店舗のデザインには共通点があります。動線を明確化することで売り上げを上げているのが共通点です。商品の種類や販売目的に応じた客の動きを想定し、計画を立てることが大切です。

店舗デザインでライティング計画を行うには物品販売と飲食店の場合とがあります。物品販売店では全般照明がよく使われ、飲食店ではダウンライトやペンダント、ブラケットなどがよく使われます。

居抜きとスケルトンでは、内装工事やデザインを自分の理想通り、自由にしたい場合はスケルトンを、費用をかけずに早く店舗を開業したい場合は居抜き物件を選ぶといいでしょう。

優良な店舗の内装工事業者を選ぶ際の注意点として、契約を急がせない、親身に相談にのってくれる会社を選ぶことが大事です。また、業種に合った専門業者を選ぶことも重要です。

アパレル業界ではディスプレイの内容がVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)で左右されます。コンセプトやブランドイメージを表現し、利益に繋がる配置や店舗内装を考えましょう。

店舗内装は、お客様が思わず入りたくなるようなデザインにすることが重要です。集客できなければ、売り上げや利益に繋がらないため、外からでもわかりやすい、入店しやすい内装にしましょう。

店舗内装を考える上で大切なのはブランディングです。ブランディングのコンセプトと、店舗内装のデザインが異なると、新規顧客を誘導できたとしても、リピーターに繋げることは困難です。

店舗内装のポイントは、ターゲット層を明確にし、コンセプトを決め、それに合ったデザインにすることです。また、店舗をどの土地で出店するかでターゲット層が異なります。

高級感を与えることは利用客へのアピールともなるでしょう。用いるライトに注意をし、スポットライトを活用しましょう。明るさを調節することによって、高級感は演出できます。

滞在時間を長くすることで店舗側はメリットを得られます。利用客が探している商品がどこにあるかわかりやすくしましょう。居心地を大事にしつつ、購買意欲がわくような店舗デザインが理想です。

店舗工事による税金対策も可能なので、適切なタイミングに行いたいです。特にオープン前の大掛かりな店舗工事に関しては、特に節税に繋がりやすくなるので考慮したいです。

飲食店の店舗工事の際にはどの種類の機器を用いるかも大切です。提供している料理内容に応じたキッチン工事を行い、衛生面や利便性の高さにも注意しましょう。動線確保も必須です。